TAIYO 油圧シリンダ 100H-22LA40BB450-AB 0 エアホース継手

掲載日    

【送料無料】エコサイクルトナーLPCA3T12Mタイプ マゼンタ 1個 AV・デジモノ パソコン・周辺機器 インク・インクカートリッジ・トナー トナー・カートリッジ エプソン(EPSON)用 レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼントTRUSCO TUG型軽中量棚200kg単体 1540X474XH2400 6段 TUG200-85S-6 1個 取材・原稿/和歌山 利宏

KTM RC 390

フルチェンジされたRC390は、よりスポーティに、よりレーシーになっていた。と同時に、オールラウンダーとしての性格を堅持しており、その点で独自性が際立っていた。

街乗りコミューターを思わせつつも
その実はレーサーレプリカ

エンジンが373ccの単気筒であることを聞けば、多くの人は、テイスティかつ軽量スリムで、操りやすいストリートスポーツを連想するだろう。それがマニアックであるか、お手軽バイクであるかはコンセプト次第にせよ、ジャケットとジェット型ヘルメットが似合うバイクをイメージしがちではないかと思う。

しかし、この新型RC390には、あくまでもレザースーツとフルフェイスヘルメットを求めてくるレーシーさが根底にある。その意味で、多くの軽中量級シングル車とは性格を異にしている。

十分なまでに街乗りバイクとしての資質を持ちながら、造り込まれたポテンシャルを引き出すことを旨とする純粋なスポーツなのである。

TAIYO 油圧シリンダ 100H-22LA40BB450-AB 0 エアホース継手

一般的な軽中量級スポーツとは一線を画す
KTMならではのスポーツ性

ライディングにおいてスポーツとは、速く走れるマシンに身を任せることではなく、速さをいかに引き出すか、のはずである。そう考えたとき、RC390のハンドリングはまさにスポーツである。

従来型から9.2kgも軽量されて運動性能が高まっているにも関わらず、ハンドリングにはミドルクラス以上のスーパースポーツにも通じるレーシーさが漂っている。ヒラヒラと向きを変えていくようなお手軽感はなく、安定感があって、手応えがしっかりと伝わってくる。

しかも、適度の抵抗感があって、コーナリングでは、やるべきことをしっかり認識できる。やるべきことをしっかり組み立てることができると言っていい。そればかりか、やるべきことをしっかりこなすほどに、うまくコーナリングをこなすことができ、サーキットを速く走れるようにもなる。

CANON トナーカートリッジ328VP(2,100枚X2本)3500B004 CN-EP328VPJ (328VP)

KTM RC 390 試乗インプレッション

エンジン性能をいかに引き出すか
バイク本来の醍醐味を思い出させてくれる

竹村製作所 不凍水抜栓 MT 本体のみ40mm 0.3m MT-40030VP ※VPシモク付

そのため、スポーティに走るには6000rpm以上、レブリミッターが作動する10500rpmまでをキープしなければならない。公道でも、3000rpmでスムーズに巡行することができても、加速が要求される状況ではギヤダウンして回転を上げてやることになる。

でも、大排気量に慣れて、出力の上澄みをすくい取るような走りが当たり前になっていると、これは本来のバイクを思い出させてくれるし、実に新鮮でもある。コーナーの手前で適切なギヤに落とし、向きを変えたら早いタイミングでスロットルを開け、上限までを使い切ってシフトアップしていく。そして、うまくいくほどにシフトアップポイントが手前になっていく。こうやって性能を取り出していくこともスポーツだ。

日常性に関して付け加えておくと、ライディングポジションは全く精鋭化していないし、荒れた路面での走破性も抜群で、ハンドル切れ角も大きく、あくまでもスポーティな街乗りバイクとしてのスタンスを崩していない。その意味で、独自性が放たれているのだ。

KTM RC 390 詳細写真

ライディングポジションはスーパースポーツとしては快適指向で、日常使用も厭わない。従来型から燃料タンク後端が8mm後方に、4mmシートが高くなり、このことが微妙にハンドリングに影響していると思われるが、もともとが快適指向だけに、そのことに気が付くことはない。ハンドルは10mm低くセット可能。身長161cmで両爪先が接地する。

クラッシュ時のダメージをメイン側に及ぼさないことや生産性を考え、リアフレームは別体式となった。メイン、リア合わせ、1.5kgの軽量化を達成している。縦曲げ剛性を同等に、横曲げと捩じり剛性を落とす方向で、剛性バランスの最適化が図られた。

重力ダイキャスト製の前後ホイールは、前後それぞれ1.7kg、都合3.4kgも軽量化された。重力ダイキャスト製で、徹底した肉厚の最適化が図られている。また、インナーブラケットが廃されたフロントディスクは960g軽量で、バネ下重量は4.4kg近く軽量化されたことになる。

エンジンは従来型から基本を受け継ぎながら、ユーロ5に適合させている。エアボックス容量が40%大きくされたこともあって、最大トルク値は高められている。スロットル・バイ・ワイヤ式である。

WP製のφ43mm径倒立フォークは、左側で圧側、右側で伸側減衰力を発生、それぞれ調整機構をフォークトップに備える。ストロークは従来型よりも5mm短い120mmで、このこともレーシーなハンドリングに貢献していると思われる。

アウス 4580504019136 FM20-120 ハイとーる浅型

シート下の重心近くにエアボックスを、その上側にバッテリーや電装品類を配置。4リットル以上増となった燃料タンクをその前方に置く。これはテストで煮詰められた結果で、従来型は、バッテリーが前部、燃料タンクが後部にあった。

メーターには5インチTFTカラーディスプレイを採用。ABSやトラクションコントロールなどの設定画面も配置される。周囲光によって明るさが自動的に調光される。ブルートゥースやKTMアプリとの接続も可能である。

シートは厚みがあって、軽量級であることを感じさせないほど快適。そのため、シート高は4mm高い824mmとなった。滑りにくい材質のシート表皮も高品位である。

キャノン純正トナーカートリッジ502(C)シアンLBP-5600/5600SE/5610/5900/5900SE/5910/5910F

新型にはアップダウン両利きのクイックシフターが装備される。リッタークラスの装備が軽量クラスに落とし込まれた印象だ。こまめなシフトが要求されるだけに重宝する。

ヘッドライトも両サイドのデイライト・ランニング・ライトもLEDとなった。マスク部とウィンドスクリーンが一体化、フロントビューも斬新である。ウィンドスクリーンはかなり小ぶりだ。

燃料タンクは前部に配置され、容量は9.5リットルから13.7リットルに増量された。カバーで覆われたタンク後部にバッテリーや電装品類が収まっている。シートからタンク後部に掛けてのカバーを取り外すことで、整備性にも留意される。

シャープで小振りのテールライトもLED式である。リアフェンダー回りもスーパースポーツらしく削ぎ落され、レーシーさを高めている。サーキット走行での取り外しも考慮されている。

こちらの記事もおすすめです

この記事に関連するキーワード

積水化学HT40径違いソケットTHS403ケース販売90個入り

タグで検索

三栄 SANEI THE PINEAPPLE ROOM ツーバルブデッキ混合栓(ユニット用) K9140D-L-13【同梱・代引き不可】
排気量
車両タイプ

【純正品】 Canon キャノン インクカートリッジ/トナーカートリッジ 【5302B001 PFI-206MBK マットブラック】_送料無料

TAIYO 油圧シリンダ 100H-22LA40BB450-AB 0 エアホース継手
TAIYO 油圧シリンダ 100H-22LA40BB450-AB 0 エアホース継手
T138-3040-31530
17,194円 35,090円

この商品は、代金引換・後払いをご利用いただけません。※また土日祝の発送と、日・祝、配達時間指定などはご利用頂けません。ご了承ください。

TAIYO 油圧シリンダ 100H-22LA40BB450-AB



TAIYO 油圧シリンダ 100H-22LA40BB450-ABの特徴


●内径(mm):φ40
●ストローク(mm):450
●呼び圧力(MPa):10
●支持形式:LA形(軸直角

●内径φ32~φ125までの10MPa用複動油圧シリンダ。
●ISO 10762(JIS B8367-5)に対応。
●フローティングクッションの採用により、スムースな立上を実現。
●高性能クッションを標準装備。
●摺動部のパッキン溝はISO規格溝寸法を採用。

TAIYO 油圧シリンダ 100H-22LA40BB450-ABの仕様

重量12
原産国日本



100H22LA40BB450AB
レビューを投稿する
WWW.HARMONY4COACHING.COM RSS